無限堂野次馬本舗

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパー戦隊劇場ゲストメカ列伝

<<   作成日時 : 2018/07/03 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

01年夏の劇場版百獣戦隊ガオレンジャー以降、スポンサーのバンダイナムコホールディングスの要望で、劇場版オリジナルメカが登場する様になりました。
大きくは
1・既製品の完全リデコ品 A
2・コアメカだけリデコの一部リデコ品 B
3・完全新規品 C
の3つに大別されます。
劇場メカ年表
01年ガオレンジャー ガオゴッド A
ガオナイト A
03年アバレンジャー バクレンオー A
04年デカレンジャー フルブラストバギー C 
05年マジレンジャー セントカイザー A
06年ボウケンジャー ダイタンケン C
07年ゲキレンジャー リンライオン&リンカメレオン C
08年ゴーオンジャー 炎神大将軍 A
09年シンケンジャー 恐竜折神→キョウリュウシンケンオー C
10年ゴセイジャー ゴセイワンダーB 手足の4体は既製品差し替え
11年ゴーカイジャー ゴーカイバリブルーン&ゴーカイメガウイング(未発売)現状唯一の未発売品
12年ゴーバスターズ バスターケロオ C
13年キョウリュウジャー トバスピノ→スピノダイオー B
14年トッキュウジャー サファリガオー A 久々のフルリデコ品 
15年ニンニンジャー ダイノマル A 珍しく1号ロボのリデコ品ではなく、強化メカのリデコ品
16年ジュウオウジャー ジュウオウコンドル B
17年キュウレンジャー ケルベロスボイジャー B
になります。
特筆すべきは03年のバクレンオーで、スーパー戦隊初の純然たる悪役戦闘巨人が商品化され話題となりました。
06年のダイタンケンは既製品のボーナスギミックで厳密には劇場メカではありませんが、初登場が劇場版でしたので、此方に加えます。
大概劇場版ロボは悪役で登場し、最後は味方になるか、倒されるかで、一番不運だったのはサファリガオーで、ロボ形態の出番はわずか1分!もう少しシナリオに手を加えて欲しかったです。
2018年のルパパトもゲストメカが登場する様ですが、
期待半分不安半分と言った所です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーパー戦隊劇場ゲストメカ列伝 無限堂野次馬本舗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる