無限堂野次馬本舗

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本最後の大型地方鉄道・沖縄縦貫鉄道計画について

<<   作成日時 : 2018/06/10 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在沖縄の那覇空港から那覇・浦添・宜野湾普天間・沖縄・うるま具志川・うるま石川・恩納・名護に至る沖縄本土縦貫鉄道の計画が具体化しつつあり、これも普天間飛行場移転の恩恵と言え、沖縄県民にとっては悲願の長距離鉄道と同時に、身動きが取れなくなっている沖縄の交通機関の救世主になるかも知れません。
画像
沖縄縦貫鉄道決定ルート
現状どんな規格になるか判りませんが、
・直流1500V 軌間1435mm
・リニアモーター 1両辺り14〜18m
の公算大です。
期待点
・沿線地域の自動車やバスの減少に伴う地域移動の円滑化
・それに伴う那覇中心の人口集中の沿線地域への分散化
・駅を中心としたバス路線の見直しとフィーダー輸送化
・拠点駅や駅を中心とした街づくり
不安点
・小型化しても地下区間やトンネル区間が多く建設費が高い
・工期が長期間に及ぶ
・環境破壊や負荷への懸念
但し、地下やトンネル区間が多い為、私が白髪の老人になってから完成の可能性もあり、構想はありませんが、もしかしたら沖縄から旧沖縄県営鉄道のルートに似た那覇〜糸満、与那原から中城地区経由沖縄市、浦添・宜野湾を経て嘉手納、那覇から南城市へ向かうLRTの方が先行するかも知れません。
Yahoo!ブログでの当方記事を転載しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本最後の大型地方鉄道・沖縄縦貫鉄道計画について 無限堂野次馬本舗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる