無限堂野次馬本舗

アクセスカウンタ

zoom RSS 583系よ永遠なれ

<<   作成日時 : 2018/05/17 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高度経済成長期に世界初の寝台電車として昼夜問わず活躍し、昭和・平成の日本の特急網を支えた583系が引退から幾つかの時が経過しました。
ここでは前身となった月光型581系と共に歩みを振り返ろうと思います。
画像
デビュー当時の581系・月光
高度経済成長期の落とし子
当時の国鉄は高度経済成長期の輸送力増強に追われ、限られた予算の中で輸送力増強をせざるを得なくなりました。
そこで、昼間は特急列車に、夜間は夜行列車に兼用出来る世界初の寝台特急電車・581系が1967(昭和42)年に誕生しました。
当時、夜行列車の主力だった20系客車よりB型寝台が拡大され、夜間は関西〜九州間の夜行列車に、昼間は関西〜東北、または九州島内特急電車に八面六臂の活躍を見せました。
画像
夜ははくつるとゆうづるで
画像
昼ははつかりに活躍した関東〜東北の583系
しかし、581系は西日本地区の交流60Hzでしか運転出来ず、糸魚川〜富士川を境に東日本側は交流50Hzになる為、1968(昭和43)年に改良形にして決定打の583系が製造され、以後国鉄の交直両用車両は50Hz/60Hz両用になり、後の485系特急電車や455系急行電車、415系近郊電車の礎を築きました。
こうして、581・583系は昼夜を問わず東北から九州に掛けて全国へ企業戦士達等を運びました。

新幹線延伸で運命は変わる
しかし、1972(昭和47」年の山陽新幹線岡山開業を期に新幹線網拡充が始まり、また、同年房総特急用に製造された183系特急電車と14系座席車は簡易リクライニングシートが採用され、581・583系のボックスシートとは接客設備の格差が出、寝台電車は徐々に活躍の場が狭められる事になりました。
1975(昭和50)年3月の山陽新幹線博多延長開業時にルーツとなった寝台特急月光が廃止になり、早くもルーツとなった列車を失いました。

関西地区での縮小→撤退
画像
昼は名古屋〜北陸のしらさぎと大阪〜北陸の雷鳥に活躍した
画像
関西最後の寝台特急電車だったなは
1975年以後、名古屋・関西発の寝台電車は徐々に本数を減らされ、名古屋発の金星、京都・新大阪発の明星・彗星・なはだけとなりましたが、1982(昭和57)年11月に金星が廃止され、1984(昭和59)年迄に全て寝台客車へおきかえとなりました。
国鉄末期の経営悪化で新車の捻出が困難になり、余剰となった寝台電車を近郊形に改造し、九州地区の715系が1984年に翌1985年に北陸本線用の419系と東北本線用の715系1000番台がそれぞれ誕生しました。

関西特急撤退と急行きたぐにの就役
1985(昭和60)年3月の東北・上越新幹線上野延伸によるダイヤ改正で、遂に昼行特急雷鳥から撤退し、入れ替わる様に寝台急行きたぐにの運用に就き、サハネ581をA寝台に改造したサロネ581が唯一の改造形式として誕生しました。
また、大分前から営業終了していたにも関わらず電動発電機の都合で減車出来なかった食堂車サシ581も電動発電機をサハに移設した事で漸くお役御免となり、蛇の生殺しの生涯を終え、関東〜東北地区は東北本線経由のはくつると常磐線経由のゆうづると、盛岡〜青森間に短縮されたはつかりを間合い運用で運転していました。

平成の583系寝台特急終焉
平成に入り、関西地区ではスキーシーズンの臨時列車・シュプールに583系が抜擢され、専用塗装に変更されるも不評で、やがてJR西日本特急色に塗り替えられました。また寝台は使わないものの、山形新幹線の福島〜山形間の線路改軌工事で奥羽本線福島〜山形間が使用不可能になり、寝台特急あけぼのが陸羽東線経由に、急行つがるが仙山線経由で暫定運用となり、急行つがるに583系が抜擢され、最後の活躍を見せ、1992(平成4)年7月の山形新幹線開通と同時に夜行急行つがるは役目を終え、あけぼのは新潟経由の羽越本線経由となりました。
翌1993(平成5)年にゆうづるが廃止され、1998(平成10)年になって、やっと後継車両の285系寝台特急電車がサンライズ出雲&サンライズ瀬戸としデビューしましたが、1999(平成11)年にはついにはくつるも寝台客車へ置き換えとなり、ここに583系による寝台特急は終焉を迎えました。

晩年の583系
21世紀に入り、583系は東北本線で昼夜を問わずの長距離の過酷な運用による老朽化の為徐々に数を減らし、JR東日本所属車両は秋田総合運転所に集中配備され、団体臨時列車や波動輸送で活躍し、関西地区は最後の定期列車だった急行きたぐにが2012(平成24)年に廃止され、以後団体臨時列車や波動輸送で活躍をするも結局全廃となり、寝台電車発祥の地・関西から姿を消し、2017(平成29)年、遂に秋田に残っていた583系も全廃となり、581系から半世紀の活躍に終止符を打ちました。
日本の高度経済成長期から21世紀まで活躍した581系&583系。その功績は永遠に語り継がれるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
583系よ永遠なれ 無限堂野次馬本舗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる