無限堂野次馬本舗

アクセスカウンタ

zoom RSS びっくり仰天!阪急大阪空港線構想発表

<<   作成日時 : 2017/09/05 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まさかの仰天構想が発表されました。
画像

阪急電鉄が大阪(伊丹)空港へ乗り入れる新線の設置を検討していることが1日、分かった。具体的なルートは未定だが、阪急宝塚線の曽根駅(大阪府豊中市)からの約3キロを地下で結ぶ案が浮上しており、実現すれば大阪市中心部の梅田と同空港が初めて鉄道路線で直結する。同社は国土交通省などと需要や採算性を慎重に協議した上で事業化の可否を判断する。
 大阪空港に乗り入れる鉄道は現在、大阪モノレールのみで、梅田など大阪市中心部からは乗り換えが必要。直通バスを利用するケースも多いため、阪急は直結の路線ができれば一定の利用があると見込んでいる。実現すれば、神戸・阪神間からのアクセスでも利便性が高まりそうだ。

 ただ事業費は1千億円規模になるとみられ、市街地の大規模な地下工事が必要なことから、さらに膨れ上がる可能性がある。このため需要予測や採算性の検討次第では、実現は難航も予想される。
 大阪市中心部の鉄道新設を巡っては、訪日観光客の増加で活況が続く関西空港へのアクセス改善を目指し、大阪駅北側と難波付近を結ぶ「なにわ筋線」の2031年の開業が見込まれている。これに加えて阪急の新線が実現すれば、関空、大阪の両空港間の移動時間を短縮するなどの効果も期待される。

 石井啓一国土交通相は1日の閣議後の記者会見で「阪急が(新線を)構想しているのは聞いている。まずは鉄道事業者や関係自治体で検討を進めることが重要だ」と述べた。
(神戸新聞NEXTより抜粋)
この構想には本当にビックリしました。

過去にもあった大阪空港直結鉄道構想
過去にも
・大阪市営地下鉄四ツ橋線 西梅田〜大阪空港間延伸

・国鉄→JR福知山線 伊丹〜伊丹空港間支線
の構想がありましたが、前者は四ツ橋線西梅田駅と阪神梅田駅が同一レベルで建設されている為、更に掘り下げのと建設距離が長く巨額の為、後者は地元の反対でそれぞれ潰え、後者が実現していたら、滋賀・京都方面発〜福知山線経由伊丹空港行や、姫路・神戸方面発〜大阪〜新大阪〜北方貨物線・福知山線経由〜伊丹空港行列車が走っていたかも知れません。

この構想が出たとしたら
先になにわ筋線の正式ルートが決まり、大阪空港〜関西空港間の直通列車の可能性がありますが、確かに阪急の軌間幅が1m43p5oで、南海の軌間幅が1m6p7oなので、合致しませんが、
・フリーゲージトレインを導入し、十三駅に軌間変換装置を設置か
・十三〜大阪空港間を三線または四線軌間にする
の何れかが考えられます。
フリーゲージトレインの場合、南海の方が走行距離が長く、阪急が短い短所があり、三線または四線軌間の場合、南海の片乗入れになるものの、南海が阪急に線路使用料を払うだけになるため、後者を予想しています。
また、途中駅は大阪空港直結なら途中駅無し、地元の利便性を考慮すれば二駅程設置されるかも知れません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
びっくり仰天!阪急大阪空港線構想発表 無限堂野次馬本舗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる